77歳(喜寿)のお祝いプレゼント、今人気の贈り物はコチラ

77歳喜寿のお祝い贈り物に悩んでませんか?

喜寿は77歳のお祝いのこと。77歳といっても、最近は皆さんとってもお元気ですよね。2013年日本人の平均寿命は、「女性86.61歳」「男性80.21歳」と77歳の喜寿よりも長いです。今後、喜寿のお祝いはますます多くなるでしょう。

 

 

77歳喜寿のお祝い品、「男性向けには何がいいだろう?」「女性向けには何が喜ばれるだろう?」と悩まれている方はたくさんいます。物が溢れている時代のお祝い品選びは、かなり難しくなってきていますが、喜寿を迎えられた方の好みや性格、趣味、ライフスタイルなどを考えて、素敵な、そして喜ばれるプレゼントを贈りたいですね。

 

このサイトでは、今人気の喜寿のお祝い贈り物をご紹介しています。まずは、喜寿のお祝いプレゼントランキングをご覧ください。

 

 

 

77歳お祝いプレゼントランキング

 

 

 

 

喜寿のお祝いの贈り物で人気のお店

女性向け人気店、「花なまえの詩」

 

喜寿を迎える方の名前からアイウエオ作文のように詩を創作して、可愛いイラスト共に額装してくれるサービスです。お母さん、おばあちゃんなど女性の方からすごく人気。お値段も10800円(税込み、送料無料)からとリーズナブル。

 

 


 

 

ハート桜、幸福の黄色い蝶々、いつまでも長い木、幸せの青い鳥など図柄もハッピーなものばかり。幸せな気持ちにさせてくれる贈り物です。

 

 

工房は京都の伏見区。製作はほぼ女性の方だけで行われていますので、細部の図柄までしっかり気遣いされていて、それも女性に人気の秘密です。お母さん、お祖母ちゃん、女性の方におすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

男性向け人気店「毛利達男の名前の詩」


同じ名前の詩の贈り物ですが、作風が全く違います。ちょっとノスタルジックな昭和的な香りがする作風です。温かみのある和紙の上に素朴な墨の黒。匠ならではの味のある作品なので、もらった方は懐かしい感情と共に温かい気持ちになれます。

 


 

工房は大分県臼杵市。自然豊かな土地柄が作品からもうかがえます。価格は12960円(税込み、送料無料)から。

 

 

和の雰囲気が漂いますが、作風がシンプルなので洋室に飾っても違和感がまったくありません。もちろん和室もОK。男性向けの喜寿祝いとなると、あまりこれっといったものがありませんから、おすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年に77歳喜寿を迎える人

20106年に喜寿を迎える人は昭和何年・西暦何年生まれ?

還暦以外の長寿祝いは一般的に数え年で数えますから、2016年(平成28年)に数え年77歳になる方は、1940年(昭和15年)生まれ。ですが最近では、数え年を使うことはほとんどありませんよね。若い人だと、数え年って何?っていう方も多いです。それぐらい使われていません。そういう背景から満77歳で喜寿をお祝いする家も多いです。満年齢だと1939年(昭和14年)です。

 

どちらにするのがいいの?という話ですが、お祝いされる方、お祝いする家族の事情や都合で決めてもいいと思います。一番大事なことは、喜寿を迎えた方を敬う心です。ここさえ間違わなければ、家族で相談して決めていいと思います。

 

77歳喜寿のお祝いの品に何をプレゼントしたら喜ばれるのでしょう?

悩んでいる人も多いと思いますが、家族や友人、知人を集めてお祝い会を開くと喜ばれます。家族みんなが顔を合わせる機会は、なかなかありません。だから、喜寿を迎える方は、こうしたプレゼントを喜んでくれますよ。

 

 

喜寿を迎える人へのアンケートでも「食事会を開いて欲しい」「家族とぜひ会いたい」「古くからの友人と思う存分おしゃべりしたい」というプレゼントを期待している回答が多いです。家族みんなで集まってのパーティーや食事会を開いてみてはどうでしょう?

 

最近人気の77歳のお祝いの品プレゼント

77歳は、60歳の還暦、70歳の古希に続く喜寿という長寿祝いに当たります。ですから、それ相応の特別なプレゼントを贈りたいですよね。

 

特別な喜寿祝いのプレゼントといっても、いろいろあります。中でも最近人気なのが、名前から詩を作って書いてくれるサービス。長年慣れ親しんだ自分の名前から、「感謝」、「祝福」、「未来」、「元気」、「エール」などを言葉として贈られるわけです。

 

嬉しくないわけないですよね。多くの方が、プレゼントされて泣いて喜ばれています。もし、特別なプレゼントをお探しなら、オススメです。

 

 

 

 

 

 

 

喜寿のお祝いの相場

長寿のお祝いは60歳で祝う還暦が有名です。近年は60歳でもまだまだ元気な方も多く、平均寿命も延びているので、盛大なお祝いをすることは少なくなっています。その代り、77歳の喜寿では親せき一同で祝う家庭が増えているようです。

 

みんなでお祝いをする場合

金額は、あらかじめ話し合って決めればいいですが、普段行き来がないと各自で贈り物を用意したり、現金を渡したりすることになります。そんな時、自分の価値観だけで金額を決めてしまって、他よりも額が少なかったりすると、かなり気まずい思いをすることも。ですから、予め相場を知っておきましょう。

 

 

そうはいっても、喜寿のお祝い相場は地方によって異なることもあるので、一概にいくらと言えません。ある地域では、10万円くらいが相場になっていることもあります。しかし、10万円は高額です。そう簡単に用意出来るものでもありませんよね。

 

全国的にみると

相場は子供なら1万円から3万円、孫なら5000円から1万円が相場となっています。ですので、この相場を基準にして、後は地方のしきたりと併せて予算を決めるといいでしょう。

 

綺麗ごとで言ってしまえば、喜寿というのは77歳を迎えられた方に対してのお祝いの気持ちが一番大事であって、金額は関係ありません。いくらであっても、お祝いの気持ちを贈ることがとても大切なことです。でも一方で、慣習があるのも事実。親せき付き合いも続いていきますから、相場に合わせて贈り物を選ぶようにするといいですね。